読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト()は醜い貧困層のヒステリー 今すぐ投薬とカウンセリングを

元エントリでは、「物欲を否定されるからミニマリストに対して否定的になる」という意見があったが、そんな事は全然ない。 

ミニマリストと言えば例えば禅寺の修行僧などもミニマリストと言える。私物もわずかしかなく基本物は買わないライフスタイルだからだ。しかし、禅寺の修行僧に対して怒りをぶつける人など誰も居ない。むしろ尊敬している人が殆どだろう。つまり、物欲を否定されたくらいでは誰も怒ったりしないのだ。

 

 

matome.naver.jp

 

同じ様なミニマルな生活をしていてもミニマリスト()と修行僧に対する世間の評価はまるで逆だ、なぜだろう?

理由は簡単で、ミニマリスト()は貧困で溜まったフラストレーションを、物を捨てる事にぶつけ、それを自慢する事で対抗しようとしているからだ。 要は醜い貧困層のヒステリーだから叩かれているのだ。

貧困層facebookなどに次々と掲載されるディナー写真やセレブリティなパーティの写真を見る度に心を病み、ついには爆発して自分の物を全部捨ててしまう。そしてそれをミニマリスト()なの!と自慢して心の平衡を保とうとしているのだ。

その証拠に富裕層にはミニマリスト()は居ない。全員貧困層なのだ。

ミニマルな生活で心を豊かにとか言ってるが、もし本当にそうならブログなんかで自慢していないで永平寺へ入山しろ。そこまでやらないまでもブログで自慢などするな。

もちろん、心を病んだ貧困層を叩いても解決にはならない。だが、貧困層のヒステリーを放置しておいても彼らの病は治らない。しっかりとミニマリスト()は拒食症系の精神疾患である事を周りの人が説いてあげて病院へ連れて行ってあげないとならない。ミニマリスト()に必要なのは投薬とカウンセリングなのだ。

ぜひ、ミニマリスト()を見つけたら投薬とカウンセリングを勧めてあげて欲しい。彼らもまた高ストレス社会の犠牲者なのだから。

恐ろしい恐ろしい…。

 

 

追記

ここで書いているミニマリスト()とは、家具も家電も服も殆ど全部捨ててがらんどうの何もない部屋に住んで、かつそれを自慢げにブログに書いているような人の事を指している。断捨離する事自体は否定していないのでお間違いなく。