安倍さんが勝ち続けたわけ これが次期総理大臣の資質だ

社説:「安倍政治」の弊害 民主主義ゆがめた深い罪 - 毎日新聞

安倍が許され熱狂的に支持されたと言う事実は、今後より酷い超バカ殿が登場する事を意味している。日本人の知性に欠陥がある事が判明した以上この国は滅ぶ以外ないのだ。自滅はもう必然なのだ

2020/08/30 11:31

b.hatena.ne.jp

 

ちょっと悲観的なコメントになってしまったが、日本はかなり危険な状態になっていると認識している。そして安倍さんが危険を放置した結果、もはや取り返しのつかない事態まで事態は進行してしまった。

 

詳細はこのエントリを参照されたい。

xevra.hatenablog.com

 

安倍さんの政治を振り返る時に、重要なのは支持者だと考えている。なぜ、犯罪を犯して逃げ回り、嘘をつき、友達に数千億円も着服させる人を支持する人が居るのか最初はとても不思議だった。

だが、支持者を観察していると人間の弱さ、歪みがこの理不尽な行動の背景にある事が見えてきた。

 

彼らを理解する上でのキーワードは次の2つだ。

 

  • 虚栄心
  • 酋長

 

日本は一時は世界第2位の経済大国として世界の中心になりかけた。しかし、諸外国からは馬鹿にされ続け、国連では常任理事国入りもできなかった。それは太平洋戦争で負けたのが大きな原因になっている。

これに対し、激しい不満を持つ者が安倍支持者になっているのだ。

特に中国韓国などの下に見たい国が次々と繁栄し、日本を追い越し、日本を馬鹿にする言動をとる事について我慢ならなくなっている。

 

これを取り込んだのが安倍さんだった。安倍さんは彼らの虚栄心が満たされるように巧みに中韓と対峙し、彼らの絶大な支持を得たのだ。ネトウヨと呼ばれる彼らは安倍さんこそ自分たちの虚栄心を満たし、自分たちを気持ち良くしてくれる存在として絶賛し、忠誠を誓った。

 

また、組織を運営していくにあたり、一つのやり方としてリーダーを妄信し、全員が同じ方向を向くというのがある。多少方向が間違っていても全員が同じ方向で邁進する事で結果を出すという方法だ。最適解を探すためにゴタゴタと手間取るよりも、拙速に同じ方向に邁進した方が結果が出やすいケースがあるのだ。特に小さな組織であればそれは顕著である。人間の長い進化の歴史の中で、村の酋長の言う事に従った方が生き残りやすかったという遺伝子が残っているのだろう。

だから、人間は強いリーダーを見たら妄信するようにプログラミングされている。妄信する事で心の安定が得られ、幸せになるようになっているのだ。

これが安倍支持者の中で起こっている。ネトウヨ達は安倍さんを酋長として妄信する事で自分の精神の安定を図る精神構造を獲得したのだ。安倍さんを妄信するだけで脳内に快楽物質が分泌されるのだ。

 

 しかし、この酋長妄信の長所は国レベルでは成り立たない。これをやると確実に失敗する。それは75年前、日本が焼け野原になった事で証明されている。だが、妄信者にはそれが分からなくなっている。

 

よく、正しい事を言えば安倍信者を改心できるんじゃないかと考えている人がいるが、それは誤っている。彼らにとって正しいかどうかなんて関係ないのだ。ただ、酋長を妄信する事、それで快楽物質を得る事だけが正義であり、酋長を否定する者こそ日本の敵に映るからだ。

 

虚栄心を満たしてくれる偉大なる酋長『安倍晋三』、彼こそが信者の心の支えであり、全てであるのだ。彼が犯罪を犯そうが友達に大金を送ろうが日本のシステムを破壊しようがそんなのは些細な事なのだ。安倍さんを信じてさえいれば麻薬の様に心は満たされるのだから。結果日本が滅ぼうがそんなのどうだっていいのだ。今この瞬間、虚栄心が満たされ、酋長にすがれれば幸せなのだ。

 

そして、この虚栄心と酋長の構造は次期総理でも続くだろう。結果、日本の問題は延々と先送りされ、滅ぶその瞬間まで気が付く事は無いだろう。

 

気持ちよい滅亡への道から抜けるには自分の頭で考える知性が必要だ。知性が正しい方向を見出し、知性が改革の力を生む状態を作れたら日本にも未来が見えるだろう。

 

ただ、その可能性は極めて低いと言わざるを得ない。

 

気持ちよさより正しさを選べる人は極わずかしかいないのだから。

 

 

 

 

日本の破綻を目前とした今、日本人は何をすべきか?

b.hatena.ne.jp

 

 まず、多くの人が私を支持し、温かいコメントを寄せてくれていることに感謝したい。

 ありがとう(*´ω`*)

 

 私はブックマークコメントを通して、微力ながら社会を良くしていこうと考えているので、それが少しでも効果が出ていることはとても嬉しく思う。

 

 増田の「日本死ね」で社会が少し変わったように、ネットはもはやただの愚痴のはけ口ではない。社会を動かしうるポテンシャルのあるインフラになっている。これからも、少しでも社会が良くなるように発信していきたい。

 

 最近は安倍さんに関するコメントが多くなってしまっているが、それは嘘や犯罪は公明正大に裁かれるべきだし、日本の危機を救える立場をもっと生かしてほしいと思っているだけであって、彼個人にどうこう思う事は無い。むしろ、あんな大変な仕事を高齢なのにやり続けるのは凄いなと感心してるくらいだ。

 

 日本は今、消滅の危機に瀕している。

 

xevra.hatenablog.com

 

 ここに書いたように、日本の未来は極めて厳しい。20年もしたら日本経済は破綻し、夕張市の様に行政サービスが止まって阿鼻叫喚の様相を呈するだろう。30年後には電気、水道、ネット、ごみ収集が止まり、病院、警察、消防、スーパー、コンビニが機能不全に陥り、橋は落ち、トンネルが埋まり、道は穴だらけで通行できないという社会が待っていることをしっかりと理解すべきだ。コロナの影響が長引けば10年早まってしまうかもしれない。

 破綻をどれだけ先送りにできるか、日本人は一生懸命考え、行動しなくてはならない。

 

  1. 日本がいかにヤバいか認識する事
  2. 声を上げ、日本がヤバい事をみんなで共有する事
  3. 対策を実行できる人に投票する事

 皆さんにはこれらを、ぜひ、お願いしたい。

 

 私は日本が大好きだ。そんな日本がどんどんと没落していく姿を見るのは本当につらい。ぜひ、皆さんにはご理解とご協力をお願いしたい。

 

 

外出禁止は日本を破壊する危険な発想 正しく外出しよう!

きょうの湘南海岸 来訪自粛要請で人出激減 新型コロナ | NHKニュース

そもそも屋外散策する程度で感染などしない。コロナは会話、接触、飲食で感染する。ここだけをピンポイントで抑えないと経済が壊滅して多くが死ぬぞ。感染抑えて経済回す規制を整備すべき。こんなの叩くのは逆効果だ

2020/04/25 22:29

b.hatena.ne.jp

 

コロナで緊急事態宣言の中で我々が目指すところは

1.感染を抑制し、医療崩壊を食い止める

2.経済崩壊を防止し、貧困による死者を食い止める

の、2点。

外出するなと言うのは1については効果的だが2については致命的なダメージが行く。つまり、単に外出するなと言うのだけでは日本の状況は悪化するばかりだ。

 

そもそもコロナは感染しにくいウイルス。例えば2月に満員電車で感染者が通勤していたが、結局誰にも感染しなかった。満員電車レベルでは感染しない非常に伝染しにくいウイルスだという事をしっかりと理解すべき。

では、なぜ、現在感染が拡大しているかと言えば、感染のポイントが抑えられていないからだ。

コロナは

・会話から出るエアロゾル

・他者や他者と同じ所に接触し、口元を触る

・ウイルスが付いた食器や飲食物で食事

の3つで感染する。

だから、例え外出しようと、この会話、接触、飲食を忌避さえしていれば何の問題もないのだ。

また、コロナウイルスは100個程度体内に入ったからと言って発症しない。それなりにまとまった量を取り込まない限り問題はないのだ。

そういう意味で潔癖症的に外出だけを叩くのはあまり意味がないし、逆に経済崩壊につながる危険行為だと言える。

上記を満たす施策は下記のようになる。

 

◆店舗

・入り口で手指消毒の義務化

・マスク着用の義務化

・会話の禁止

・徹底的な換気

・紫外線ランプ設置

 

◆飲食店

・テイクアウトのみ

 

◆行楽地

・共通に触る所がないアウトドアであれば解禁

 

また、外出者は

・マスクを常時着用

・屋内では会話しない

・手指消毒は欠かさずやる

・屋内にいる時間は短くする

・他者との距離は取る必要がないが、会話している人からは距離を取る

・同居者以外の人とは会わない

を、徹底していれば問題ない。

 

ヒステリックに外出者を叩くことなく、クレバーに日本経済を回そう。正しく恐れ、正しく感染防止をしよう。

 

 

三密はもはや危険! ちゃんとしたガイドラインを作ろう!

ウイルスが靴底付着、拡散 微粒子は4メートル飛散も―中国武漢の臨時病院で調査:時事ドットコム

エアロゾル感染に注意が必要。一度エアロゾルになってしまえば普通のマスクでは防げない。会話や咳、クシャミをする人にマスクを徹底させることが重要。

2020/04/19 23:32

b.hatena.ne.jp

 

 色々な調査でコロナがどう感染するかが分かってきた。エアロゾル接触による感染がやはりヤバそうだ。

 ただ、コロナウイルスは1個体内に入ったからと言って発症しない。コロナウイルスがたまたま元気な細胞の表面に取り付く事ができた時だけ発症する。これはそれこそ1万分の1くらいの確率だと考えられるため、1万個以上身体に入れない限り問題はない。

 

 どうやってコロナウイルスを体内に入れないようにするかは

  1. 咳、くしゃみ、声を出す人の吐く息に近付かない
  2. 誰かが触ったところを触らない、触ったら手洗いする
  3. マスクをしてもらい、自分もマスクをする

 を、徹底するしかない。

 そしてこれは三密の忌避とは必ずしも一致しない。

 今、我々が考えなくてはならないのは感染爆発を起こさない事と経済を失速させない事だ。だから三密の様なアバウトな考え方ではなく、より実効的な対策が必要となっている。

 

 例えば、換気さえしっかりとされていれば買い物や満員電車では感染の確率はかなり低い。だから、そこを取り締まってはならないし、もっと経済を回す方に注力してもらうべき。しかし、飲食店では1,2,3全てがアウトになるので営業は停止してもらうしかない。(補償は必須)

 また、会社や教室では換気とマスクを徹底し、手洗いや消毒を頻繁に行わせることが重要だ。

 こうやって、ガイドラインを丁寧に設定し、感染者数を押さえながら経済を回す社会を作っていこう。

 

 

 

 

三密はもはや危険! これからは「会接食」を標語にすべき

ゴールデンウィークが明けたら、コロナとの戦いは終わるの?|新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会

コロナの収束は早くて来年の秋。コロナ前提の社会にすべき。三密は正しくない。他者との、飲食、会話、接触がダメ。「会接食」を標語にすべき。

2020/04/16 00:09

b.hatena.ne.jp

 

米国で3週間家に閉じこもっていた人が感染した。彼女は1回、食事を届けに来た人と会話をしたそうだ。つまり、三密を忌避していたとしても伝染ってしまう事をしっかりと見つめないといけない。

また、日本では満員電車がずっと走っていたが、それで感染が急拡大したわけではなかった。つまり、三密の満員電車でも伝染るわけではないのだ。

逆に言えば三密は正しくないのだ。

色々な事例を見ると伝染るのは

 

  • 飲食時
  • 会話時(声を出している人の周辺)
  • 接触時(同じ所を触ることを含む)

このタイミングでしか発生しない。

だから対策としては

 

  • 安全な飲食物を摂る(加熱した物を安全な食器で)
  • 話す人は必ずマスク。聞く人はマスクして距離を取る
  • 換気の悪い所に行かない(換気は徹底する)
  • 触れ合う場所に行かない、安全でない場所を触ったら手を消毒する

これだけでいい。

 

三密はもう危険だし、経済活動を損ねて経済的に人を殺す。三密を捨て、これからは

 

「会接食」

 

を、標語としよう。

コロナを忌避するだけではダメ、正しく対応してこの地獄を生き残ろう!

 

 

 

コロナの中で安全に飲食店再開を目指そう

東京 新たに125人以上の感染確認 新型コロナウイルス | NHKニュース

日本人はなぜか感染しにくいので、このペースなら爆発は防げそうだ。しかし、この状態が2年続くので、どこかでタガが外れてもう一段吹き上がるだろう。地獄の2年の始まりだ

2020/04/15 19:26

b.hatena.ne.jp

 

感染者数の伸びが抑えられたのは良かった。なぜか日本人は感染しにくいので助かった。今考えるべきは次の2点。

 

  • この低感染状態をどう維持するか
  • 自粛の中でどう経済の活性度を上げるか

少なくとも1年半、実際には2年はこの状態が続くので、その中でどうやって爆発を抑えながら経済の活性化を図るのかを考えるべきフェーズに入った。

当然みんな出歩きたい訳で、安全に出歩くにはどうしたらいいか? を考えるべきだし、自粛の中でどうやって魅力的な物やサービスを作り上げ、消費の拡大を行うか? を考える必要がある。

 

今までの調査から分かってきたこととして、ヤバいのは

  • 飲食
  • 会話
  • 同じところを触る、触れ合う
  • 換気の悪さ

これらの要素だ。

そういう意味では三密は正しくない。例えば満員電車に押し込められてもそれだけでは感染しない。マスクをして、降りた後に手を洗えば安全なのだ。

だから、今までの活動の中から、これらの要素の部分だけピンポイントに対策を行い、安全に人々が外出できる環境を作ってやるべきなのだ。

 

例えば、ショッピングモールでも

・なるべくオープンエアーでメッチャ換気する

・入店時に薄いゴム手袋をしてもらう。店員も手袋をして一定時間おきに交換する

・入店者数を制限して過密にならないよう制御する

・マスクをしてもらう

・大声は避けてもらう

・会計は非接触電子マネー

これらを満たしたら開店を許可すべきだ。

 

飲食店であれば

・熱い物だけ

・食器は盛り付け直前に消毒、お盆に置き、食器は手では絶対持たない

・お箸、スプーンフォークは使い捨て個包装

・メッチャ換気する

・一人ずつ仕切りのあるブースで食べる(一蘭の様に)

・飲み物は、消毒した缶瓶で提供し、客が開ける

・オンライン飲み会対応で、前に画面とカメラを置く

・注文も全部オンラインで無言でやる

・会計は非接触電子マネー

 こうすれば感染はかなり避けられる。

 

もちろん、ここまでやっても感染する人は出るだろう。でも、爆発に繋がる感染者数にならなければ許容すべき。

こうやって、少しずつOKの領域を広げていくしかない。

 

これから2年にわたる地獄のフェーズを明るく楽しく生きるために、みんなで知恵を絞ろう。

 

 

緊急事態宣言の解除は来年の秋にならざるを得ない決定的な理由

「緊急事態宣言明け」に事態が好転している可能性が低い理由 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

根本的に勘違いしている。コロナを100%抑え込む事は不可能。徹底した外出禁止令を出しても根絶はできない。終息はワクチンが開発された時、それは最短で来年の秋だ。なぜこんな当たり前で簡単な事も分からんのか

2020/04/10 10:31

b.hatena.ne.jp

 

コロナの終息は

  • ワクチンか特効薬が開発された時
  • 国民の大半が罹患して集団免疫が獲得された時

以外ありえない。

徹底した外出禁止令で抑え込もうとしても、インフラ、医療、食品、流通、治安維持周りで人は外出せざるを得ないのだから、そこでの感染は延々と続いてしまい、感染者数を0にはできない。

集団免疫は100万人規模で人が死ぬことになるので選べない。特効薬は目途も立たない。となると、希望はワクチンの開発以外ない。

 

ワクチンは最短で18か月かかると言われている

wired.jp

ここにあるように

「ワクチンを使えるようになるまでに少なくとも1年半はかかります」

というのが一般的な認識なのだ。

さらに、これを日本人向けに1億本どう確保するかという問題もある。だから奇跡が重なって来年の秋というのがワクチンによる出口のタイミングといえる。

 

よって、緊急事態宣言は少なくとも来年の秋までは解除されない。これが合理的に見た結論といえるだろう。

これを前提として、計画を立て、生き延びよう。