読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレしても健康にはならないってホント!?


Xevra Lindich on Twitter: "運動が筋トレなのかよ。走るなり泳ぐなり球技なりダンスなりやりようあるんじゃないの? / “自宅で焼き鳥ができる究極のモバイルツール。そういうのもあるのか - UEI shi3zの日記” http://t.co/WBot7DruZc"

 

人間は運動しないと心も体もボロボロになって、あっという間に老化して引き籠って死んでいく。例えば毎日最低でも4000歩は歩かないと覿面にメンタルが悪化して鬱を発症する。体も生活習慣病でやられて薬漬けになった挙句早くヨボヨボになって死んでいく。人間はDNAレベルで運動すること前提に体が最適化されてしまっているのでこれはどうしようもない。

では運動とは何か?なのだが、この引用例でいうと「筋トレしているから運動している」と言うような誤解があるので誤解を解いておきたい。

そもそも人間に必要な運動の要素とは

・心肺機能を最大限に使う(例えば心拍数140以上を30分以上)

・見聞きした物に反応して素早く体を動かす

の2点だ。心臓をガンガン使って全身の体液を循環させる事、脳みそを活用して体を最適に動かす事で脳を活性化させる事、これが欠かせない重要なポイントだ。ところが筋トレはこれをどちらも満たさない。単に筋肥大を図っているだけで健康には寄与しない。筋肉などいくら増やしても健康とは全く関係ないのだ。

ハァハァと息を切らしながら俊敏に体を動かす行為こそが人間にとって大切な行為。それは球技でもダンスでもボクササイズでもランニングでも何でも構わないと思うが筋トレだけは無い。筋トレはあくまでも何らかのスポーツの補強作業に留めておくべきだろう。

適切な運動は必ず人生を豊かにする。さぁ運動しよう。